FC2ブログ
JAZZ BAR ~妄想デ-ト~

・・・・注意・・・・



毎度駄文でゴザイマス。


そして苦情は受け付けません(笑)。


知ってらっしゃると思いますが全くのフィクションの物語です。


妄想デ-トですからね~。


読まれてご気分を害されるような可能性がある場合、


スル-してください。


ちなみに・・・濡れ場はありません(爆)。


期待して読み進めないようにっ!









* * * * * * * 『JAZZ BAR ~妄想デ-ト~』 * * * * * *








「お前の好きなシンガーが、ホ-ムペ-ジに載ってたぞ。」


短いメ-ル文。



孝天から。



それでも、久しぶりの彼からの誘い。



日本で会えること自体年に数回だから、



その中の一回のデートとしては、まずまずの誘い方。




ひどい時は、



「今築地に居るから、飛ばして来い。」



それだけ。



これも、場所や時間は送ってこない。



こちらがなじみの店に問い合わせて、確認してから出向くのだ。



そして、やっと仕事を片付けて駆けつけ私に、



既に出来上がった彼は決まってこう言う。



「遅いぞ。」




何様!って毎回思うけど、私は彼女じゃない・・・只の飲み友達・・・



東京スポット紹介人・・・?



雑誌の取材でたまたま趣味のジャズの話に花が咲いて、



それからたま~に会って軽く話をするだけの仲。




兎に角、そんな所なので、文句を言ったら



あっという間に関係は切れてしまうだろう。




それでなくとも、一方的過ぎる思いを悟られまいとして、



必死なんだから。







今回は忙しかったせいもあって、チェックが甘かった



ライブ開催の知らせをくれて嬉しかった。



「ありがとう。取っとくね。」



返信も、場所や時間を送らない。決まったら直接電話で伝える。



早速、PCから予約を入れる。PM9:00からの席が確保出来た。



やっぱり凄い人気。



何年ぶりの来日だろう。



彼女の幅広い声域は、神様の宝物だと思う。



孝天も声域は広いけど、彼女のように



全てのジャンルを歌いこなせるほどの喉はナカナカないだろう。




只、問題が一つ。



それは、当日ライブが始まる前に、良い席を取るためには



整理券を貰わなきゃいけないのだ。



「どうしよう。孝天は当てにならないし、



私も多分ギリギリに会場に着くし・・・。」



ま、



考えても仕方ないので、



「取ったよ。整理券は保障できない。」とだけ送った。









1ヶ月近くがあっという間に過ぎ、



ライヴがある15日前に、孝天が仕事で来日する事を知った。




何やら、母国の観光をアピ-ルするために来るらしい。



到着はライブ3日前。




「お前も取材に来るんだろ。」とのメ-ル。



アジア芸能の担当だけど、



必ず彼らF4の担当になるわけではないのだが、



今回はそのお役が回ってきた。



「行くらしい。」



それだけ返して、後は取材当日を待った。






東京の老舗ホテルの大広間には、沢山の取材陣。



二年ぶりに4人が日本で揃うという事もあり、



テレビも何台か入っていた。




少し遅れての会見が始まる。


最初はJERRY。


相変わらず美しい。


次に杖をついたVANNESS


ライブリハで痛めた足は、思っていたよりは経過は良好らしく、


ほっとした。ニパ笑顔も健在だ。


彼は、3番目に入ってきた。


「う・・・うそくせえ。」


その顔は何なんだ!って吹き出してしまいそうなほど、


造ってきた笑顔が私には滑稽だった。


その後、仔仔が入ってきた。


知ってはいたが、特徴ある髪型にちょっと驚いていたら


会見が始まった。


孝天は、最初伏目がちにインタビューに答えていたが、


そのうちスイッチが入り(もう一人の彼が起きたよう・笑)


饒舌に場を仕切っていた。


そんな中、チラッとだけ私に目線を向けて、


他のメンバ-が答えている内容に相槌を打つかのように静かに頷いた。


「・・・・・・・・・・?」


ワカラナイ。


どういう意味なんだろう。


私がここに居る事は知ってるだろうから、


そのことでの確認ではないらしい。


仕方なく、正直に私は目線を彼に向けながら、


他のメンバーの答えてる内容に「?」という振りをしながら、


首を傾けた。





会見が終わった後、自分の携帯をチェックして驚いた。


受信メ-ルに孝天から。



「お前にサプライズをやる。」





取材翌日、上司から突然の命令が下された。


「今度来日予定の、華流スタ-の取材のコーディネ-トをしろ。


お前もそろそろ本腰入れる時だろう。」


ええええええええ~!


何もこんな時にそんな美味しい仕事をクダサラナクタッテ・・・。


そりゃ、やりたいよ。やりたいともさ。


だけど・・・明日は楽しみにしてた孝天との


(独りよがりな)デ-トの日なんだよ~。


奴は気まぐれだから、これが最後になるかもしれないんだよ~。





はっ!


・・・だからサプライズ?




今までのお礼と称して、花束かなんかで



この吹けば飛ぶような関係に終止符を打とうとしてるのだろうか?





だったら・・・、


私は仕事を取るべきだろうか?


元々、彼とは間違いが起きるはずもない間柄。


一方的な思いに苦しみながらの毎日よりも、


強がりで折れそうな心よりも、


上司がくれたチャンスに身をと投じるべきなんだろうか?




胃がキリキリ痛む。


でも、決断しなきゃ先には進めない。






「ありがとうございます。よろしくお願いします。」





私は『仕事』と


運がよければ間に合う『JAZZ BAR』のデ-トに


二股かけた。



~ 続く (腰の限界・爆)~
スポンサーサイト



[2007/07/06 19:38 ] | 未分類 | コメント(2)
優しい目


敵わない。


猫と子供には敵わない・・・。




逆を言えば、それさえあれば幸せなんじゃないのか?


だったら結婚して、


子供作って、親権もらって、


離婚したら???



育てに行ってあげるから・・・(へ?駄目?)。



昨日新聞にのった小児病棟への慰問の孝天、



本当にいい顔(そしてリッパナオナカ)!



自身も幼い頃に食物アレルギ-が酷かったと書いてありましたね。



またまた私事ですが、卵と牛乳アレルギ-だった息子に、



かつて私も、卵なしパンと、卵なしタルトを作った事があります。



皆と同じものを食べられないって、幼少期の心にはかなりの痛手。



今は、自分でセ-ブしてもらってますが、それでもこっそり食べて、


夜中にガリガリ掻いてますもん(コンビニのおでんとかで)。




今回、初めてクッキ-を食べる子もいたのかしら?



お砂糖が焼ける香りは格別ですもんね。




去年は自分の誕生日に子供達への児童書を迷達に頼み、



今回は自ら調べて材料を調達した材料であまりやったことのない


お菓子作りに挑戦してる。




これらが、貴方の仕事への励みになってると良いな。



せっかく芸能人なんだから、そのメリットを最大限生かしてね!



ただ嫌がってるだけじゃ、バチがあたるぞい。





20070706191739.jpg




クッキ-よりも甘~く優しい目   ~tom・com さんより~




自身の体調も優れないとかで、


通風・脂肪肝・等、35歳の身体(と腹)だとか・・・。



見直せ、食生活!!!






我が家の親子で『トド』のように寝そべってる二人の様に


なったらイカンぞ!




父:「子豚ちゃん♪」


娘:「お父ちゃんより、マシ!」




そんな会話の中で暮らしてますから~。



それに、確か孝天さんって、自身の著書が料理本だったじゃん?


って事は。売り上げにも響くって!!!




20070706191753.jpg




「最近は、コントロ-ルもできて、精力も抑えられるようになった。」



そりゃ~これまではさぞかしお困りだったんでしょうね~。


ってアンタ、誰もそんな事聞いてないって



何故、自ら格好の見出しを作っちゃうかな~



しかし、この二人の太鼓腹ツ-ショットには、


・・・ある意味説得力もありますね(苦笑い)。


取り合えず、健康も『安全第一』でいこうね




昨日情報をくれたYちゃん謝謝~。




さて、今日はもう一つあげました!



妄想話ですから。


読み流してね~(笑)。



読んでくれて謝謝。



[2007/07/06 19:17 ] | 未分類 | コメント(5)
| ホーム |