FC2ブログ
『好きな理由』
皆さんは、『F1』のどの部分に惹かれますか?


ス-達は『4レンジャ-(個性バラバラ)』だから、


きっとそれぞれ壷所があると思います。


そして、その中でもまた、迷様ごとの千差万別な


理由があると思うのです。



それなのに、どうでしょう!


『ス-迷』とひと括りにした時には、不思議と団結!


それは、四人の個性と共に、四人が一緒になった時の


『ユルユルオ-ラ』


も、大好物だからでしょう!




そう思うと、本当にス-迷って贅沢させてもらってますよね~。






さて、


昨日、


孝天迷様と最近の孝天報道について、携帯メ-ルでお話しました。


孝天迷の中には、この報道で苦しい思いをしてる人が少なくない。


一体、どうしたらいいか・・・。


この問いかけに対して、いただいた文章がとってもステキでした。


私一人で読ませていただくのが


勿体無い位!




なので、ご本人に了承をいただき、


こちらでご紹介させていただくことになりました~。



*オマケで、それに対する私のアホな『お返事』もつけました。




******『好きな理由 ~ある孝天迷様編~ 』*******


騒がず淡々と孝天の良さをアピールすることだと思ってます。


なぜ孝天が好きなのかを思い出して欲しいです。


私もこの数日、

なぜみんなが落ち込み、何故自分が落ち込まないのか考えました。

私は孝天に恋人みたいな感情は持ってないし、

みんなが何を求めてきたのか分からなかったので。

結果、私はただ孝天が見てみたいんだなぁって。

だから、やっぱりいい仕事さえしてくれれば。

男の生き様みせて貰いますって。


きっと、孝天自身がストーリーで、

大好きな本を読んでるみたいな感じかも。

私達にそのストーリーは書き換えられないし、

この先の展開は分からないのよね。

分かってることは、読むのはいつでもやめられる。

そして、

いつかその本を開く回数も減って読まなくなる時がくるってこと。

でも、夢中で読んでた時期のことは忘れないし、

読みたい間はとことん読めばいい。私はまだ読んでたいのです。

私が長くファンを続けてこれたのは

勝手な妄想のせいだと分かってるし、それでいいと思うの。

楽しければ。自分に都合のいいようにだけ楽しめばいいのだと思う。

結局、みんな他にも好きなスターがいたり、実生活では彼氏や旦那さん

がいたりするんだし、そう思うと孝天の人生は孝天のものだと思うし。

後は、いい仕事して楽しませてくれれば。

それが芸人と迷の関係なんだし、いい仕事さえすれば

新しい迷を獲得できるはず。

だから頑張れ孝天!です(笑)

私の感覚は普通じゃないかもね(笑)。


* * * * * * * * * * * * * * *



以下オマケのお返事 (アホなので読みたい方だけドウゾ)

---------『好きな理由~亜季編~』----------

私は、台湾サイン会の孝天ガ一番好きで、

その他の孝天は違和感あるのですが、

実はそれに最近気が付きました。

それまでは妄想の素材としての孝天がすきだったのですが、

『生の男』として意識しだしてます。

多分、Takaのせいです。

わからず屋のエロい兄ちゃんが、いきなり甘えて来やがって、

そして身体の具合が悪いなんて。

何も出来ないのに、心配するなんてアホなんですが、

それでも苦しいです。

○○さんの、ストーリーとしての孝天、解ります。

私もそうだったつもりでした(笑)。

やばいな~。私、飢えてるのかしら(爆)?

-------------------------------




で、最終的に二人の会話は、


『これからも、孝天もス-も応援していこう!』


で、終わりました。




私にとって、切なさは『生活のエッセンス』になりつつあります。

孝天に甘噛されてると思えば、シアワセ




20070329231113.jpg


「俺の何処がスキなんだ?」



そういう、小憎らしい所だよ~!



******************『妄想シリ-ズ~Vol.6~』****************


貴女の『F1』には彼女がいます。


でも、

「今夜はオマエだけだから。」


と携帯にメ-ルが入りました。


さて、貴女の返事は?


その後の二人の行動は?



***********************************************************


さ~ってっと、


明日(今朝)も息子の弁当作りが待ってるゼ!


読んでくれて謝謝~、晩安。
スポンサーサイト



[2007/07/28 02:43 ] | 未分類 | コメント(12)
| ホーム |