FC2ブログ
後日談


コンサ後のインタビュ-で、


孝天が知らない間に孝天に関する色んな事が


決ってるんだな~という事を知った。




例えば、


「くまのけんちゃん」の存在を、インタビュ-があるまで知らされてなかった・・・(爆)。



これは、


あのキャラを知ったら、絶対断るだろうとのスタッフ側の判断なのだろうか?





だったら、





スタッフさん、





でかした!




だって、


カステラ、3000箱が売り切れたんだもん。


ってか、


フォ-ラムの非常階段に並んだ迷は、ほとんどこれが目的だったと思われ(大爆)!







この『後日談』は最高に笑える。



孝天のキャラからはあり得ないハンケチだって、


きっとこのインタビュ-が無かったら、


9日にキッスして投げてもらえなかっただろうし(笑)。








インタビュ-後の孝天と、スタッフの「やばっ!」って反応を想像してみた・・・。





天「クマ・・・見せて。」


スタッフ「え?」


天」「だから、今回のキャラクタ-のクマを見せてくれ。」


スタッフ「・・・・・・・・え?」(3歩ほど離れて)


天「・・・グッズサンプル全部持ってきてくれっ!」


スタッフ「は、はいっ!」





スタッフ、


一番上にコンサパンフで蓋をした、


コンサグッズを箱に入れて持ってくる。




当然、


クマグッズは一番下。



孝天・・・まずコンサパンフを手に取り、ぺらぺら捲りながら、


     木村氏の愛の溢れる写真に微笑みながら満足する。


スタッフ・・・その表情を見て、少し胸を撫で下ろす。



孝天・・・次にクリアファイルの上に置かれたホワイトのペンライトに


     明かりをつけながら、目を輝かせる。



スタッフ・・・そんな孝天に、一緒に目を輝かせる。



孝天・・・クリアファイルの透明なビニ-ルより、4枚取り出し、

     
     一枚ずつ吟味するように写真と商品のチェックをする。



スタッフ・・・写真のセレクトの良さに満足している孝天に安堵する。



孝天・・・コンサTシャツと、自身のプロデュ-スTシャツ数枚を、


     がさっと箱から出し、一瞬、動きが止まる。




スタッフ・・・戦慄が走る。





天・・・「くまケンGOODS」を全て取り出し、テ-ブルに並べる。



スタッフ「日本のファンが孝天を『クマちゃん♪』って愛称で呼んでたの


    知ってるよね?日本人にとって、『クマちゃん♪』って、とっても



    可愛いイメ-ジらしいんだよね。だから、今回はそのイメ-ジに近い


    デザインをと、日本の有名なキャラクタ-デザイン会社に依頼したら、


    こんな感じで出来上がってきたんだよね~(冷汗)。そこに、日本の


    お土産の定番として、人形焼きならぬ『カステラ焼き』と『チビハンカチ』、


    それに主婦層に喜ばれる実用的な『エコバック』と『携帯クリ-ナ-』を


    造ってみたんだ(変わらず固まった孝天に半ばヤケクソ)!


    ファンクラブで事前にグッズの反応を見てみたら、すっごい喜ばれて、


    GOODS欲しさに、今日は午前中から迷がフォ-ラムに集まってたんだよ!


    きっと迷達は、自分達が孝天を『クマちゃん♪』って呼んでる事を、


    孝天が、快く承諾してくれたって喜びもあって手に入れようと必死になってくれたんだと

   
    思うよ!だって、カステラなんて、コンサ前に売り切れちゃったんだから~!!!(涙目)」





孝天に突っ込む隙を与えないようにノンストップで喋り続けるスタッフとは、対照的な孝天の背中。



天「・・・・・・・。」



スタッフ「確かに、新しいキャラクタ-決めに孝天の最終チェックを貰わなかったのは謝る。
    ・・・でもね!」


天「いんじゃない。」


スタッフ「・・・え?」


天「迷が喜んでくれたら、それでいいよ。」


スタッフ「(これまでの孝天からはちょっと違った反応に、一瞬理解不能となりながら)
     ・・・そうでしょ?」


天「うん。たしか、仔仔の猿(ストラップに付いてた)も反応良かったんだよな。」


スタッフ「そ、そうだったね!あれも確か売り切れちゃったんだよね!(前例があってよかった~!)」


天「ただ・・・。」


スタッフ「(再び背中に冷たいものが流れる)・・・ただ?」


天「なんで、カステラ焼きの中身がアンコじゃなかったんだ?」


 日本のミヤゲと言ったら、カステラの中はアンコだろう!」



スタッフ「・・・それは・・・(なんでそんな事にコダワルンダ?)。」


天「しかも、個包装されてないのは食べづらいな。次回の課題だな!」


スタッフ「・・・(論点がどこにあったか、既に解らなくなってしまう)。」



天「このハンカチ、明日数枚用意しておいてくれないか?会場にプレゼントするから。」



スタッフ「はっ!そりゃいいね!!!うん、必ず用意させるからっ!!!」



そう申し送って、孝天はホテルに戻って言った。


その後、全身の力が抜け切ったスタッフは、床にへたり込んでしまったとさ。



                          ~おしまい~




こ~んなやり取りがあったかどうかは知りませんが(爆)、


愛を込めて会場にヒラヒラと投げられた『くまケンハンケチ』には、


きっとまた一つ人間的に大きくなった(?)孝天の思いも


織り込まれていたことでしょう(笑)。



・・・・・って、あれ、本当にハンケチだったのか?


日本に来てから10月コンサについても知ったとか(苦笑い)。


プロについてダンスの披露も考えてる孝天。


『和太鼓』に見せた情熱を考えると、


ある程度期待ができそうです(笑)。


そして、ダンスは全身運動!!!


4時間やれとは言いませんが、ヴァネさんの邪魔にならない程度に


頑張ってもらいたいと思います♪



今回のコンサの『アイドル』から『自分』になっていった過程から、


『自分』から再び『アイドル(F4としての役どころ)』として、


自分を作り上げるんだろうから、それはそれとして楽しませていただこうじゃないかっ!



勿論、


F3のパフォ-マンスにも大いに期待!!!



080119_f4_d.jpg




きっとホンハムとは違った4人を見せてくれるだろうしね~。


(同じだったらどうしよう。)









さてと、


妄想してたらお腹すいてきたので、夕飯の支度をしてきます。


読んでくれて謝謝~!











スポンサーサイト



[2008/03/23 18:18 ] | 未分類 | コメント(6)
迷子

孝天を育てているもの・・・(だから、身体じゃないって・爆)。



台湾のファ-ストコンサ-トでは、

あんなに大きな身体に

脆そうで、

時には近づく相手を傷つけるのではと思わせ、

周りの言葉をシャットダウンしているようで

すぐに共鳴してしまうガラスの様な『心』で、

不安な目を会場に向けていた孝天が・・・。


今回のコンサも一瞬だけ、

初日の会場(満杯ではなかった)を最初に見渡し、

不安な表情を一瞬だけ見せそうになりながら、



でも留まった後の



輝き放った表情を、




私は忘れられない。




「これが今なんだ。」って自分に納得させたのか?

「ここにいる皆を満足させる事に集中しよう。」って切り替えたのか?




「プロだから・・・。」

それだけじゃないと思う。



なんだろう。

今の彼の心を強くしているもの。

しなやかな『力』を与えているもの。



konnsa.jpg




きっと

ここの所の色々な経験が、

彼を『大人の男』に押し上げてくれたのだろう。


まあ、

きっと彼女もその中の

大きな要因の一つかもしれない・・・。



どっかのクニの海岸で、

あの大きな手の『マメ』を

「見せて。」って言われてる奴の顔を想像するのもオツである(笑)。



『努力』に対する、

「頑張ったね。」って一言をもらえる『幸せ』って、

とっても大切な事。




それがまた、

彼の心の肥となり、

地に足着いた仕事に繋がるなら、

私は敢えて言いたいっ!



励め、孝天!!!


(何を?)


そして、



しっかり充電されたその


『何か』 を、



10月にまた私たちの前で



滝のように垂らしてくださいっ!!!



え~~~~~ん。







でもさ、










そう思ってるもう一方では・・・・。







ここの所、かなり心が迷子状態(苦笑)。



doraiba-.jpg





『君道』の後ろハグチュ-やら、高級車&ス-ツ姿やら、


萌えポイントは山ほどあって、


リピってる瞬間は『コンサ後遺症』から逃れられるんだけど、



それが終わってふと気が付くと





やっぱり


聴こえてきてしまう。









「もう少し早く君に会えたら・・・なんてさ、時々思うよ。」

「愛は今でもすぐ傍にある。小さな石ころの様に。」

「だからせめて、君には心から幸せになって欲しい。」









前にも書いたし、

繰り返し言い続けてるけど、

マジで自分がいい歳で良かった。

もし孝天と同じ歳なら、何を仕出かしたか解らない。


(いや、チャンスがあったら仕出かしたい気持ちで一杯過ぎてるけど・笑)



妄想の世界で勝手に盛り上がってるだけで我慢させられる

足かせがあって(一応家庭)良かった。



じわじわ、


滲みて来る孝天の恐ろしさ(涙)。




甘くないシェリ-酒の様に、

一緒に飲んだ老酒の様に、




じわじわじわじわじわ。



ああ、


きりがない。





そんな迷の乙女心とは関係なく、

奴は今頃

あばんちゅ~るを満喫してるかもしれないのにっ!


(↑結局オトナ気ないヤキモチに着地っ)




さて、

明日は娘達の『カラオケ』に付き合ってきます。

友達と二人で行きたいけど未だ小学生だから、

親が同伴しなきゃいけないので、

私はタンバリン係&お財布係(苦笑)。




久しぶりの記事が、独り言でドプチラ~!


読んでくれて謝謝~、晩安。


[2008/03/23 01:52 ] | 未分類 | コメント(4)
| ホーム |