FC2ブログ
ス-コン@大阪城ホ-ルファイナル①
私はとてもラッキ-な事に、

お二人の迷朋さんから横浜・武道館と

フロア-席を譲っていただいてました。

だから、

前の二日は4人を肉眼で

どんだけ『ガン見』した事か(笑)。

でも、

全体の舞台演出とかってのは

よく見てませんでした(ええ、目の前で精一杯でしたから)。




大阪は、

チケットが発売されてから参加が決まったので、

ぜ~んぜん期待してないっていうか、

「同じ空気を腹いっぱい吸えればいいのだ~。」

って気持ちだったので、

迷朋さんからいただいたチケも、

会場前でやっとマトモに確認いたしました。



J席8列目通路側。

スッゴイスッッゴイ良席!!!


会場全体がくまなく見渡せました。 


「こ~んなに、デカイんだ~。舞台って穴だらけじゃ~ん!」


初めて気付いた事ばかりで、

これがどういう風に生かされていくか、

最終日なのに、

そこが楽しみで、メチャクチャウキウキ♪


そうしているうちに、


会場が暗くなり、


ライトが大きな天上を走り出し、



「At La~st!」


4人を紹介する大きな中央画面に釘付け!


三回目だってのに、

あのオ-プニングの3Dには

鳥肌が立ちました。



3Dとして映し出される美しい4人。

この人たち、

本当に『画』になります~(号泣)。


これで見納めとなるため、

騒ぐ事なく頭に刷り込むように見続けました。





会場も4人が本当に現れるまでエネルギ-を貯めてるかのように、

無駄に騒がないんだけど、

一人・一人が紹介される度にボルテ-ジがあがっていくのが解かります。

そして、

バル-ンが割れた瞬間、

歓声が

大爆発!



音楽が鳴ってるときは声も途切れるんだけど、

ちょっとでも静かになると

F1に「届け~、私の声~!」とばかりに

声が傾斜を滑り落ちるっ。



武道館のアリ-ナでこれを聞いた時は、

鼓膜がびっくりしたのを思い出しながら、

「今、四人はこの声を体中で感じてるんだ~。」って

またまた鳥肌が



四方に延びた袖から中央に集まる4人にも、

またまた大歓声。

四人は3日目の疲れもあったのか、

ちょっとオ-プニングは声が前回では無かった様に思ったんだけど、

段々と張りが出てきて

ヴァネさんの煽りとともに会場もペンライトも

大きなうねりを作ってました。


その内、中央がせり上がっていったんだけど、

こんなに、凄いセットだったなんで知らなかったし、

真ん中の『円』があんなに小さいって初めて知ったので、

見ててコワかった~。

またそこで四人が足元をふら付かせながら

ラインダンス?を踊るもんだから、

「もういいって!大人しくしてて~。」って気分で、

歌を聴いいられませんでした。

あそこね、

ヴァネさん相当苦労してましたね。

間に入ったもんだから、

ず~っと下を向いて長男と末っ子が

明らかに違ったステップを踏むのを真ん中で微調整しておりました(涙)。


ゴメンよ、ヴァネさん。

無駄な汗をかかせていたんだね~

それを知らない3人は、

誰を手本にしていいのか解からず(ヴァネさんだのみだったから)、

ものの見事にバッラバラ!

モニタ-で見てたダンサ-サン達は、

何を思っていたことでしょう~。



*****PM 22:00 追記 *******

「オオサッカ~!」

「ゲンキ~?」

会場と一体になりたいのはス-も一緒♪

声を掛けたり、

身体を揺らしたり、

「もっと、もっと、一緒に~。」って言われてる様で、

身体の事なんて頭からぶっ飛び(笑)。



オ-プニングは

四人の笑顔が横浜のそれとは全く違ってて、

四人で立ってる事がとても自然に見えました。




ただ、気になったのは・・・。

「皆さん、こ~んにちわ~。えふふぉ~で~すっ!」

「ミンナ、ゲンキだった???えふふぉ-はゲンキデッス!」

って言った仔仔の顔が、

あせびっちょりだったのとちょっと表情が苦しそう。


その後の仔芝居で、

兄さん二人が掃けてくのを、バンドに向かって「や~、や~!」って

ノリノリ(気付かない振り)してた時は見事にとぼけてたけど(笑)。



ラストだけあって、

ヴァネさんのアカペラ『ここにいるよ』も板についてました。

(その前聞いたの7日だったから)

はけてく時の脱ぎっぷりも

「お見事っ!いよっ、ヴァネさん!」



さて、最初は孝天。

手にはタンバリンを持ってました。

とても安心いたしました。

声も高く広い天井を伝って頭に振ってきます。

一曲目を歌い終わって「オオキニ~。」って嬉しそう。

しかし、事もあろうか『安全第一男』がタンバリンを客席に投げやがった!

そうとうテンションが高かったんでしょうか?

(この日はやたら物が客席に・笑)



『LA・LA・LA』は、客席がすっかり手なづけられており、

タオルは回すわ、「LA・LA・LA~!」とノリノリだわ。

孝天も髪を振り乱し、

屈伸運動にも力が入っておりましたっ(どんだけ伸ばすんだ)。

しっかり会場を一つにした所で、

『男・孝天 オンステ-ジ』は終わり


(何度見ても終わり方が、『らしいな』と・・・。)



お次は雰囲気ががラッと代わり、

会場がピンクな空気に包まれました。


「♪ダダダ~ン♪」と、


登場を知らせる音楽が流れると、


どんどん出てくる妖艶なオネエチャンと

ゴ-ジャスな

『夜王・VIC』



挑発的に豪華な毛皮のコ-トを肩まで下ろし(アツカッタダケ?)、

観客を誘惑しとりますっ!!!

まとわり着くオネンチャン達よりも色っぽさは増し(クルシカッタダケ?)

飛び散る汗も妖しく、


最上階の回る舞台から、

薄目を開けて、

客席の(かなり)オネエサマ方をたぶらかしますっ!!!



「いや~ん、仔仔~、色っぺ~

自分がオッサンなのかオバチャンなのかよく解からない反応をしながら、

見入りながら思い出しました。


2003年だったでしょうか?

王冠に乗って足組んでたの。


あの時も、パ-マ頭に蒼い衣装で

歳の割には色目使ってましたよね~。

「この仔は末恐ろしいわ~。」と、DVD見てにへら~ってしてましたが、

本当に恐ろしい程に

男として美しかったです。




次の『missing you』は、もう一つの切ない色気。

哀愁たっぷりに歌う仔仔。

自分より小さな女性に合わせて

大きな身体を前に倒し、キスしようとする所、

ヤッバかった~♪

「この人のミュ-ジカルも面白いだろうな~。」と、

演技力の幅に感動いたしました(溜息)。

(舞台の構成もとても良かった!)







まだまだ序の口ですが、

勿体無いのでゆっくり思い出させてね。



今日はココまで。

読んでくれて謝謝~、晩安!!!




スポンサーサイト
[2008/10/31 14:37 ] | 未分類
『思い合う4人の男達の世界』~ス-コン@大阪城ホ-ルファイナル:プロロ-グ~

先の記事にも書きましたが、

開演予定時間五分前に

座席に座った私の身体は、すっかり温まってたのと同時に、

この『JAPAN TOUR』のファイナルに

(無事に)参加出来た感動と、

不思議と『古巣』に帰ってきた様な懐かしさに

(武道館7日より12日経過)

最初っから体中の細胞は

城ホ-ルの会場の中に

トロットロに溶け込んでいました。





体の『全て』が

目の前の『全て』に反応するのです。

五感だけでなく、

血も・心臓も・毛穴さえもっ!

全てが波打ち、

喜びに震えるのです。



だって、

だって、だって、

「この瞬間の為に頑張ったんだも~んっ!!!」



私だけじゃ無いよね。

ス-も、スタッフも、迷達もっ!

一つに溶合い、

この瞬間を一滴も漏らさないぞ~って気迫が

ビッシバッシ感じられました。


そんなステキな時間に居合わせられた事に


目の前の全てに


感動・感動・

大感動~!




国内飛行機でぶっ飛んで来た甲斐ありました




これまでコンサ-トで、

こんなにも

ア-ティストやスタッフに「ありがとう。」って言いたかった事、

ありました?

私、

多分初めてです(あくまでも自分比)。



今回、

特にこのファイナルは、

心から「ありがとう。」って感謝したくなるコンサ-トでした。





大阪に関しては

全て書ききる覚悟で臨みますので、

ご覚悟くださいませ~。





ってことで、

明日から何時終わるか解からないレポをあげていきます。

お互い根気比べってことで(何のタメ???)


よろしければお付き合いください。


で、

いつも皆様の温かいコメントに感動させていただいてる私なんですが、

この大阪に関しては、

なるべく一気にあげていきたいので、

ちょっと閉じさせていただきます



勿論、

最後に開かせていただきますので、

そんな横柄な家主に

「一言、物申す~!」って方は隠しコメで(嘘で~す)。



それでは、明日からよろしくお願いいたします。

読んでくれて謝謝~、晩安!








[2008/10/31 00:03 ] | 未分類
大阪城ホ-ルまでの道のりとその後
***注意***


これから下の文章は、完全に自己満足の為に書きました。

全くス-とは関係ない内容です。

そして

いつもの通り長いです。

お時間と、お心に余裕のある時に読んでいただく事をオススメいたします。

いや、

読まなくとも全く損はありませんので、

考慮された上、読み進めていただく事をオススメいたします。




*****ここから本文が始まります*****




先にも書きましたが、

大阪城ホ-ルに行けるなんて

あの日が来るまで

本当に思ってませんでした。



行けない理由①娘の舞台

行けない理由②事故で三度目のムチウチ

行けない理由③試験


一年、

365日あるのに、

なんで見事に重なるんでしょう~(もう、笑うしかない)。


娘と共に18日に行こうかとも思いました。

でも、翌日の舞台は大きな所でやる為、寝不足とか疲れが踊りに出たら大変と、

娘自身が決め、諦めました。


そんな潔い娘に比べ、

とことん諦めの悪い母は「だったら折角増えた19日にたどり着くには~!」と、

前に同じ試験を受けた事のある迷朋に「どうやったら早く試験を抜けられるか。」と

メ-ルを打つ始末(恥)

「試験は来年もあるけど、ス-コンは判らないから。」と、コンサに最初から

すっきり参加した方がいいのではと、

ス-迷として『常識的』なアドバイスをくださる方もいらっしゃいました。


でも、

入院した病室で家族やら上司やら同僚やらが

共同作業で作ってくれた試験申し込み用紙をムゲにもできず、

煮えきらぬまま、

ぐだぐだと迷朋に「行きたいな~。うらやましいな~。」と

愚痴っていた九月半ば、

「郵便だよ~。」と義理母が試験会場用紙を届けてくれました。

「ありがとうゴザイマス~。」と何気なく開いた私の顔が、

一瞬で豹変したのを見た義理母は、

「どうしたのっ!」って驚いておりましたが、

「い、いえ、何でもありませ~ん。」ととぼけて速攻PC前にて

試験会場をチェック!

「○○センタ-・・・羽田まで15分!!!」

そのまま飛行機の発着時間を確認。

迷朋へ電話。

「合格通知が届いたよ~(ス-コンへの)!」





「良かったね~。新大阪は遠いから、伊丹にするんだよ~。」とアドバイスを受け、

もう一度PCでチェック。

13:00ジャストに出発し、14:00伊丹到着便を確認!

ナビタイムで、

大阪城ホ-ルまでの道のりをチェック!

ナビタイムお急ぎコ-スにて(かなり無理あるっす)、

14:45 大阪城公園到着を確認~

「最初から観れるよ~。」






ぐだぐだしてた時に、

「万一、東京駅近くの試験会場なら、

新幹線12:30東京発15:00新大阪到着で、

遅れてでも参加したいよ~。」なんて話してたけど、

12:30の便に乗れる保障はなし(実際試験会場出たのが12時だった)、

万一乗れても30分での遅れでは済まなかったと思う(後から判った)。




もうね、

『天にも昇る気持ち』ってのが

この時初めて解かりました~。




本当に運が良かったんだけど、

この日は『早割り』(大阪まで¥10,100)の最終日!

ためらい無く、ポチして予約いたしました。





試験前日、

娘の踊り準備再確認と翌日夕飯の下準備と、

コンサ(試験)準備を済ませ、


22時には

「おやすみなさ~い。



明けて当日。

AM5:45に勝手に身体が起きてしまい、

シャワ-を浴び、

夕飯を作り、

娘の髪をセットし、

ふりかけご飯をかっ込み、

8時に飛び出す様に駅に向かいました。

途中駅で娘と「お互い頑張ろう(何を?)。」と

エ-ルを送りあい、娘は付き添いの母と共に下車。



試験会場に着いたら、

何故か元上司が向こうから歩いてきてビックリ!

「あ~ら、亜季ちゃ~ん、相変らずギリギリね~。」

入場締め切り5分前の私に、

「私の母も受けるから付き添いよ~。暇つぶしに旅行のパンフ持ってきたから

重くてしょうがないわ~。」

なんて話しかけるから、

「入場締め切りま~す。」って会場係りに声を掛けられてしまいました(笑)。


なんとか無事に席に着いたら、

今度は不安が押し寄せてきたんです。


「本当に私はバ-コ-ドで空を飛べるんだろうか~!」


ご存知でしょうが、

今は飛行機の予約は携帯アドレスにバ-コ-ドが送られて、

それを搭乗時に読み取り機械に当てるだけで、簡単に乗る事が出来るのですが、

そんな最新なものに触れた事の無い私にとって、


「これで乗れなかったら、羽田で暴れてやる~!」と

完全な妄想逆恨みで、

試験注意事項なんて聞いておりませんでした。


でも、それが功を征したのか、

試験本番にも関らず『冷静に』問題に取り組む事が出来、

(例え合格してなくとも)自分では満足できる出来でした



さて、

試験が終わり、

裏側に詳細な『行き順』をメモした受験票を握り締め

山盛りの人が乗るのとは逆方向のホ-ムへ。

元上司に見つからないように、

背中を向けて電車に乗り(笑)、

羽田へGO!


搭乗までメ-ルのお返事(20分)と腹ごしらえ(10分)で

あっという間に時間が過ぎ、

1時間のフライトも、

眼下に広がる太平洋側の日本の海岸線も、

「あ、富士山。あ、蟹の形(愛知県)。」と

目には入るんですが、現実味が無いまま終わり、

伊丹についてモノレ-ルに走っていたら、

「今、何処ですか~?」と、確認電話が。

「今、空港。伊丹だよ~。」

「え``~~~間に合わん!急いでモノレ-ルに

乗ってください!バスはダメです、時間が読めん

から!」


と、いつも冷静な彼女が慌ててくれたのがオモシロカッタ(不謹慎ですまん)。

勿論、モノレ-ルまで走りましたよ~。


「大阪は暑いぞ~。」と事前にメ-ルをいただいてたので、

簡単に脱ぎ着できる格好にしていって本当に良かったです。

この時点で汗が噴出し、化粧なんてな~んにも無くなったもんね~。

(そしてメイク道具を一切忘れてた)




その後、

モノレ-ル、宝塚線とびっくりする位スム-ズに乗り継いだんだけど、

『梅田駅』と『大阪駅』の乗り継ぎ時間を

3分

と設定してきたナビタイム~(お急ぎコ-ス)!


簡単な地図は頭に入れといたんだけど、

『梅田駅』があんなに広くて、

『大阪駅』の乗り口があんなにあるなんて知らない私だったから、

本当に焦った!


『レモンファンミ』以来のダッシュ

一瞬外に出たとき、左側にグリコの看板が見えたんだけど、

あそこの下が『道頓堀』ですか?


その後もメ-ルにて「大阪駅は、外環に乗ってくださいね。間違えたら大変ですよ。」と

アドバイスを貰い、

飛び乗ろうとした電車に「これ、大阪城公園行きますかっ!」と、

運転席の女性に片足乗せながら確認し、

「行きます~ぅ。」と大阪弁で返してもらい(当たり前)、

一駅、二駅、三駅と大阪の町を進む電車で時計を見たら

PM14:45!

「ああ、間に合わん。」

と思いながらも、大阪城公園に到着したらまたダッシュ

休日だった為か、人が沢山。大道芸やら出店やらで、ス-コンに全く関係ない

人たちが、のんびりと楽しんでるのを大いに邪魔をしながら、

走る、走る(爆)。


メ-ルでも、「ダッシュ~。」と応援いただきながら、

ホ-ルが見えてきた所で、

トイレにダッシュ


前回、7日の武道館でとても後悔したので、

今回はこれだけは譲れねえ~と駆け込み、

スッキリしたらまたダッシュ。


到着時間 PM14:55。

五分前セ-フ!




座席は正面と左袖の丁度真ん中。

そして通路側。

全体が良く見えてとてもよい席でした(謝謝)。

余程顔色が悪かったのか、

お隣の旭迷さんたちが「大丈夫ですか?」と声を掛けてくださり、

逆サプライズ用のお花・孝天曲用のタオルを貸してくださいました。

「ごめんなさい、私、うるさいので~。」と先にお詫びをし、

間もなく始まったコンサでは、

「もうどうにでもなれ~。」と最初から踊るわ歌うわ、騒ぐわで、

ス-コンをめいいっぱい満喫しました。



コンサが終わってから、

鮨花メンバ-が集まる場所に向かい(の前にちょっと寄り道有)、

そこに会えるなんて思わなかった迷朋まで電話で探して着てれたので、

数年ぶりに感動の再会!(←私だけ?爆)

香川孝天迷さん達の顔合わせのお手伝いが出来た事も嬉しかったです♪


皆さんで写真を撮り、

あっという間の解散。それぞれ駅に急ぎました。



新大阪に先に着いていた迷朋達と合流し

そこでも偶然にも数年ぶりに会った迷朋とハグ!

そしてちょっとお茶をして、

柿の葉鮨(?)を買って新幹線に乗りました。

ちょっとウトウトしてたけど、

携帯取り出しご挨拶メ-ルを打ってたら品川に到着。

地元駅までうわ言の様に迷朋と話してたけど、

「終わったね~。」って事を言ったことは覚えてます。



寝静まった自宅に着いて、

トイレに入ったら急に睡魔が襲って

トイレマットの上で暫く寝ちゃったんだけど(爆)、

夢のようで夢じゃない、

すっごい

クレイジ-な素敵な一日が

頭の中でグルグルしていました。



あれから、もう一週間以上経ったんですね。



人生のうちで、こんなに一日が充実している日って

そうそうあるもんじゃないと思います。

一緒に時間を共有してくれた皆さん、

ありがとうございました。


ス-達がもたらす力って、

PCやDVDの中だけではありませんね。

こんなに素敵なお仕事、これからも頑張ってね!



自己満足な文章にお付き合いいただいた皆様、


さぞかし疲れたと思います(笑)。


読んでくれて謝謝~。



次回はス-コン@大阪城ホ-ルをあげま~す。




[2008/10/28 10:44 ] | 未分類 | コメント(8)
武道館『鮨花』掲示板
 10月20日(月)『鮨花企画書~もう一つの『鮨花』@大阪物語~』UPいたしました。

  10/24(金)上の記事に追記があります。宜しかったらチェックしてね!

続きを読む
[2008/10/25 23:43 ] | 未分類 | コメント(6)
『もう一つのミッション』 ~VOL.1:10/26追記~
ス-コンが初日・二回目と進むにつれ、

日本人スタッフ達は、

ス-迷が求める

『何か』

肌で理解するようになり、

これまで経験した事のない演出にも

ためらいや気恥ずかしさが消えていった。





そしてス-達も、

日本人の喜ぶ『間』という未知の世界を、

直感(だけ)で習得していった。





武道館の二日間も、

ス-達のボルテ-ジと、

客席の気迫

ぴったり重なり合い、

完璧なステ-ジになっていた!




しかし、

いや、

だからこそ。



大阪3日間のハ-ドルは、


エベレストよりも高く、


やっと仕上げた3人が


休み明けにどんなになって帰ってくるかという不安は、


ブラックホ-ルよりも深く、


S氏は頭を抱えていた。



「どうしたら、あと3日間、あの3人の『やる気』と

観客のテンションを高いままキ-プすることが出来るんだろう。


しかもここは大阪・・・。

東京とは違った旨味がなければ、

『なんや、どっかで読んだままやないか~。』とおもうだろうし。


オ-ラスは、

今まで通り終わったとしたら、

皆勤賞の観客に何を言われるか解からない。

はぁ~、

一体

あと 

何を

どう努力したらいいんだろう・・・。」



そんなS氏の背中を


そっと見つめつづける振り付けのT氏であった。


が、


ふと『妙案』が浮かび、


S氏に近づき肩を叩いた。


「Sさん、彼らを信じて、この大阪を託しましょう!」

  
「T君、それは一体・・・。」



~10/26 以下追記~


大阪リハが始まる前に、


S氏はJERRYとマネ-ジャ-に


「個人的な打ち合わせをしたい。」と声を掛けた。


ホテルの一室に、


S氏、JERRY、マネ、通訳の四人が集まった。


S氏「これから大阪リハが始まる忙しい時に及び立てして申し訳ない。


時間もないので、単刀直入に話させてもらう。


実は大阪3day’sでは、『JERRYLAND』で、横浜・東京とは


違った趣向で観客に喜んでもらおうと思う。」



観客が喜ぶ事って、何だろう~。


JERRYのワクワクした心とは裏腹に、


今後JERRYを俳優として成長させていきたいマネにとって、


S氏が何を言い出すか不安で仕方なかった。



「折角『ザ・ホスピタル』で、シリアスも出来る俳優JERRYを


イメ-ジ創れたの、にここまで4日間の彼の


はしゃぎ方が世界に配信されたら、


今来てる台本が危なくなる。


ましてや、また更に何かさせられたんじゃ、これまでの努力が水の泡だ!」




二人の顔を交互に見ながらS氏は続けた。


「二人は台湾の方だからご存知ないかもしれないが、


ここ大阪は、『笑い』に関してとても厳しい。


そこでだ、JERRY。」


S氏は子犬のようにまっすぐ自分を見つめる旭にこう続けた。


「・・・兎になって欲しい


マネ「なっ。」


旭「白ウサギ・・・?」


S氏「いや、ピンクだ。」


マネ「っちょっと待て~!!!Sさん、貴方はJERRYがアジア圏でどれだけ

  BIGかご存知ないんですか?今は色々あって降りましたが、この間まで

  アクセサリ-のイメ-ジキャラクタ-やら今もSON○のMP3やら、セブン○ブン

  など多くのCFに出ている、大手企業の看板でもあるんですよ~。そのJERRYに、

  ウサギになれですと~、しかもピンクですと~!!!」


明らかに頭から湯気がでているマネの肩をJERRYが静かに抑えて制した。


S氏「お怒りはごもっともです。『JERRYLAND』自体が既に冒険の域ですし。

   でも、これはある意味JERRYにしか出来ないパフォ-マンスです。

   そして、JERRYを心から愛するファン、特に大阪のファン達にとって、

   新しいJERRYの魅力を再発見してもらうチャンスなのです!」


半ば、自分でも何を言ってるのか解からなくなっているS氏ではあったが、


ココまで来たら後には下がれないと必死であった。

 
S氏「勿論、見せ場は造ります。前はずっとオ-バ-オ-ルでしたが、

   今回は登場こそ着ぐるみですが、直ぐにス-ツに着替えます!

   観客は、ス-ツ姿のJERRYに見惚れて、着ぐるみの事はすぐ

   忘れるでしょう!」


黙って聞いていた旭は、内容はイマイチ解からないが、

自分の事で一生懸命になってくれているS氏の情熱に絆されていた。


それに、

「ウサギの着ぐるみ・・・・。」



自分にぴったりだと思った。



旭「いいんじゃない?やってみようよ。」

マネ「いいのか?折角シリアスな一面も認められそうなこの時期に。」

旭「だって、お祭りだし(にこっ)。」



マネ「・・・・・・・・・・・・・・・・・JERRYがそう言うなら。ただし、一定のラインは

  守ってくださいね。これ以上の冒険はこちらは全く望んでいませんので。」


S氏「お二人のご協力に感謝いたします。大阪は絶対成功させます。

  DVD化の話も出ておりますので、慎重に進めたいと思います。」




JERRYとS氏は固く握手をし、皆が待つリハ-サル会場へと向かった。







実はこの打ち合わせと同時に、


もう一つの打ち合わせが、振り付けのT氏によって行われていた・・・。





~まだまだつづく(え、もういいって?)~



***************************************



ご存知だと思いますが、このお話は勝手な妄想・フィクションであり


登場人物等は事実と異なります。


読んでくれて謝謝、晩安!

     
  
[2008/10/25 23:01 ] | 未分類 | コメント(2)
ス-コン@武道館(七日)~つづき~

か~な~り、


記憶のミックスジュ-ス状態で、


順不同なのですが許してね。




7日の孝天のソロ二回目は、


やってる『お方』も見てる私も段々馴れて(笑)きたためか、


タップダンスで変な汗を書くことなく、


声も初日の『枯れっかれ』な状態よりも数段よく、


ちゃんと『ショ-』として楽しむ事が出来ました(ああ、そうさ、贔屓目さ。)。


『RAIN』はいいですね~。


甘く、甘く、しっかりとした歌声で、


「はぁ~、孝天ったらっ。」


って聞き入ってしまいました。





しかし


なんで孝天は女性ダンサ-との絡みがなかったんだろう!


(解かってても敢えて書く)。


ああ~、やって欲しかったっ!


出来たら、仔仔の『モザイク』バリの演出を孝天で!


女性ダンサ-をはべらせて欲しかったっ!


若しくはホストショ-で女性客に色目を使って欲しかった~!!!






ね、見たいでしょ?


見たいでしょ~

でも、


本当にやっちゃったらリアル過ぎて、


 『風俗法』  に引っかかっちゃうかしら?


そしたらお子様連れの方がお困りになるわね~


(ああ、アホだよ。でも見たかったんだも~ん。)



あと、


『ゲ-マ-仔仔』も楽しかった~。


皆さんも観たと思いますが、太鼓の達人?みたいなゲ-ムを


真剣にする仔仔。


目の前でやられちゃうと、生きてるのが不思議な位カッワいい~



最初は客席を煽ってましたが、なんかの拍子に『くるっ』てセンタ-を向いて


唇をとんがらせ、腰をふりふり


でも、目は真剣(爆)!


そして終わった時のガッツポ-ズ


どんだけ気合入ってたんでしょう。


(当然チョイメタ父さんもノリノリでした~。)




実はね、


私前日に夢を見たんです(本当に)。


先のス-コン@横浜で、よほど印象が強かったのか、


ニセ医者コンビが出てきてウ歌いだしたんです。


そして、最後にお互いの聴診器を


旭さんは仔仔の胸に。


仔仔は兄さんの頭に(爆)あてたのです~。




だから、


リアルに仔仔が兄さんの胸に聴診器を当てた時、


本当にビックリしました


その後、兄さんが胸のポケットからバラを一輪出した時は


もっとビビッタけど・・・いや、引いたなちょっと・・・。




ラストの四人は本当~に楽しそうでした。


3日とは比べ物にならないくらい、楽しそう!

 
お互いがお互いの身体をやたら触るし、


歌の邪魔になるのにちょっかい出すし・・・(コイツら本当にプロか?)。





4人での時間を噛締めてるのが解かる。


『信頼』ってのともちょっと違って、


複雑だった事もあっただろう過去も踏まえた今の四人が、


一緒でいられる喜びが溢れてました。



見てたこちらもとても幸せでした





一部、


折角のボディ-タッチを流した奴がいましたが・・・、


肉が邪魔していたのでしょう(って、バレバレ?)。




そうそう、


この日は客席にサイン入りうちわを投げてましたね~。


私の所にも、孝天が来てくれて投げましたが、


真っ直ぐ、


縦に、


私の顔面に飛んできたもんだから、


「危なっ!って

避けちゃったよ~


まあ、隣の天迷さんが獲られたので良かったっす。 


「おめでとうゴザイマス。」ってお喜び申し上げました~。




全体的に、流れも解かっていたせいか、


気ぜわしさもなく、


「よっしゃ、4人を見たぞ~!」という満足感で一杯の武道館でした。




帰りの電車の中、


3日とは打って変わって、


「やっぱり四人はいいね~。四人は面白いわ~。病み付きだわ~。」と、


またまた勝手な感想を押し付ける我(笑)。




本当に四人でしか出せない旨味が満載でした。


一人一人を(特に孝天を)じっくり見ようと気張った横浜に比べ、


武道館は四人がそれぞれに持つ個性と、それが合わさった時の


化学反応みたいな輝きが見れましたもの。



「ス-でよかった。」



心からそう思えたコンサ-トでした~







はぁ~、長いよね。


ごめんなさい。


ラストはもっと長いです!




読んでくれて謝謝~、晩安!




[2008/10/24 22:04 ] | 未分類 | コメント(5)
ス-コン@武道館(七日):10/24訂正
4日も横浜に参加した迷朋より、


「緊張がほぐれて昨日よりとても良かったよ~。」と連絡があったので、


「じゃあ、武道館は期待できるね~。」なんて甘い事を言っておりました。


何、余裕ぶっこいてたんでしょうか、我(爆)。






7日の席は南西(?)アリ-ナ。


やっぱり舞台が高くて、そびえ立つ壁にビビりました。


すり鉢状の客席には、零れ落ちるほどの観客!


正に爆満!!!


ホンハム未体験な私ですが、


「きっとこんな感じだったんだろうな~。」と


ウキウキ気分。


色とりどりのペンライトの美しい事ったら!






二回目だったので、


ちょっとギリまで座っていましたが、


目の前で大きな風船が膨らみ始めるとやっぱり立っちゃった(苦笑)。


弾けた風船からは・・・誰が出てきたんだっけ?


多分、仔仔だったと思います(←訂正:旭さんorヴァネさんでした。ご指摘謝謝。)


至近距離で見た仔仔は、横浜よりも更にほっそりしてて、


表情に気迫が感じられました!


足でリズムをとりながら、


すっごい近い客席に指差しとうなずきで応えます。


そんな客席でひと際目を引いたのが、


コンサグッズの仔うちわをバタバタ振ってる


チョイメタボなお父さん!(爆)


上半身を限界まで乗り出して落っこちちゃうんじゃ無いかと


思う位、仔仔に声援を送ります!


この日は、仔仔が袖に来た時は、


半分はこのお父さんに持ってかれました(笑)。



センタ-に四人が揃うと、


本当に割れんばかりの歓声が!


あれ、薄いガラスだったら共鳴して本当に割れるね(笑)。


私の席は「SJ枠?」って思う位、旭迷様がどっさり!


負けじと一人で「孝~天~」って叫びましたよ~。



その内なにやら四人とも足元を見ながらギクシャクギクシャク動き出しました。


私の席からは、それがラインダンスだとは確認できず、


ただ大きな男どもが『ギクシャクギクシャク』。


・・・あれは誰の演出だったんでしょうか?(末っ子に100万仔仔)




孝天のソロになり、


またまたふっとい二の腕をまくりながら英語で話し始めました。


「いつも安全第一って皆に言ってるのに、恥ずかしいな~。」


ってめくるものだから、彫り物をした事が『若気の至り』って言いたいのかと


思ってました。


翌日メ-ルで「孝天、怪我してたそうです。」って教えてもらい、


やっと、「ああ~、そういうことか。」と理解しました。


私の聞き取りなんてそんな程度です~(←超私信)。


だから、タンバリンが無かったのも、兄さんのピアノが無くなったのと


同じ理由だと思ってました(毒)。




この日は、仔仔の『キャバレ-ショ-』の機材トラブルもありましたね。


仔仔は動揺することなくきっちり踊ってましたが、


暗転した瞬間、早足で階段から姿を消したので、


「???演出変わったんだ~。」って位でした。


放送が流れるまで、


故障だったなんて全く気付きませんでしたが、


二回目の仔仔もリッパでしたね~。


高く指を上げ、「はっ!」と気合を入れて声量も踊りの勢いも


全く落とさず、むしろ気迫は増して歌い上げました!


あの大きな歓声は、頑張った仔仔への賞賛ですね。


チョイメタ父さんも、うっとり見入っておりましたよ~(チェックせずにはいられない・爆)。





ヴァネさんも弾けまくっておりました!


袖の端っこまで全力疾走されるから、客席に飛んでっちゃうんじゃないかと思う位(爆)!


横浜よりもアイラインが薄くなってお顔すっきり。


髭が生えてるのに美しさは隠せませんね~


あの「かっこい!かっこい!」って腰を振る所好きです。


声もまたまたパワ-アップしてました!!!


あんだけ動いてあの声量。


去年のフォ-ラムからの成長がビシビシ感じられました。




さて、


流石に二回目ともなると申し訳なかったけど座りました・・・『JERRYLAND』。


天下の武道館でも、兄さんの「おはよ~!」は健在でした(泣)。


四日もトラさんが被害を被ってたらしいですが、


7日も更に『攻撃』仕掛けてました!


あのトラの中身は誰なんでしょうか?


兄さんああ見えても180cmあります。


そんなのに執拗にタックルされても大丈夫なお方って・・・誰?




中盤、


再び四人が花道を通って観客席に近づき、リフトが上がりましたっけ?


この時だったかな~、間違ってたらごめんなさい。


兄さんが私達の花道だったんですが、


私、初めて体験したんです。


『JERRY教』の信者様たちの情熱を!


ガタガタと、二階スタンド席まで上がるリフトに兄さんが乗るもんだから、


二階スタンドが床が抜けそうな位揺れて、


本当に、


本当に零れ落ちちゃうんじゃないかって位、沢山の人達が


身体を乗り出して応援してるんです!


あれ、


めっちゃくちゃ危ないです(爆)。




リフトが降りて兄さんの顔に安堵の笑顔が戻ってきたら、


今度は一階スタンド席が揺れました!


右見て「ギャ~!」


左見て「ギョウァ~~!!」


上見て「グゥワ~~~!!!」


・・・スゲ。


そんな状態を、教祖様はとっても嬉しそうに見てるのです。


そして立ち去った跡の静かな事(爆)。


旭迷様方、お疲れ様でした~。



さて、


またまた長くなっちゃった。


続きは明日!


読んでくれて謝謝~、晩安!

[2008/10/23 18:29 ] | 未分類 | コメント(4)
『ミッション』

秋の柔らかな日差しが差し込む


都内某老舗ホテルの大会議室。


緊張した空気の中、


10月の大規模なプロジェクトに向けての


初めての打ち合わせが始まった。



四人の男達は、中央のテ-ブルの四方に座らされ、


企画書が手渡されていった。


その中には一人ひとつずつ、


封筒が挟まれており、


大きく赤字で『』と書かれていた。






彼らを取り囲むように、スタッフ席が用意され、


全員着席と共に会議がスタ-トした。





正面のスクリ-ンに映し出される


『F4 JAPAN TOUR 2008』という虹色の文字を背にして


プロジェクトプランナ-のN氏が


軽い自己紹介と4人の紹介し、


説明を始めた。


「いよいよ今日より10月のビッグプロジェクトに向けたプログラムが始動する。


ご存知なように今回のプロジェクトは、彼ら4人とともに、


日本人スタッフ全員にとってもチャンスでもあり、危険な賭けでもある。」




「(・・・危険な賭けって何だ?)」

スタッフ一同、固唾を飲んだ。





N氏「彼ら4人は、見ての通りナリはナンだが実は人気がある。


   そんな彼らを、華流を代表するスタ-として、それなりに


   日本仕様の『華とオ-ラ』を短期間で備えさせていく。


   そして、
 

   我々スタッフが、目の肥えた日本人中年(以上)女性の


   納得いくステ-ジに仕上げると共に!」




スタッフ「共に?」



N氏「やりすぎてもいけない!!!」



スタッフ「なにっ!」


    「Nさん、それはどういうことなんですか?やりすぎちゃいけないって、


    そのラインは一体何処なんですか?」









この間、当の四人には気を利かせてくれたS氏から通訳をされる事はなかった。


しかし片言が解る次男と三男は顔がこわばり、


長男と末っ子は「なんか凄い事が始まるぞ。」と、うきうきしていた。
     









N氏は緊張しながら続けた。


   「彼らの住む中華圏のコンサ-トは、韓流の様なプログラムに沿った


   完璧なステ-ジだと反って『突っ込みどころが無くてツマラナイワネ~。』と


   言われてしまうんだ!」




スタッフ「コンサ-トになんで『突っ込みどころ』が必要なんですか~!」



N氏「・・・・・・これから彼らのこれまでのコンサ-ト画像を見ながら説明しよう。


   多少衝撃的な部分もあるだろうが、頭の中に叩き込み、各自消化するように!


   その間に、四人にはS氏より企画書の説明と、封筒に入ったミッションに目を通して


   もらいたい。」





正面スクリ-ンに、かつての彼らの雄姿が映し出されていくにつれ、


スタッフ一同の戸惑いと


女性ダンサ-からの小さな悲鳴にも似た溜息が漏れた。






ス-4人にはS氏よりコンサ-ト内容の主旨と流れの説明、


そして、


「各自封筒の中身を声を出さずに確認してください。他の方には見られないように。


   それが今回のコンサ-トを成功に導く4人に与えられたミッションです。」




という言葉を受け、


4人同時に封を開く。



「・・・・・・・・・?」



旭「(・・・ボケ?)」


天「(・・・調整?)」


仔「(・・・お笑い?)」


豪「(・・・まとも?)」




直ぐに自分達の役割に納得がいき、


深く頷く4人とは対照的に、




タキシ-ズ四人のグダグダ踊りに、


日本人スタッフの混乱は続くのであった・・・。





************************************




な~んて会議があったかどうかは知りませんが、


7日武道館の感想はまた明日!



読んでくれて謝謝~、晩安!!!


[2008/10/22 22:56 ] | 未分類 | コメント(2)
10/22追記あり:横浜初日~あっという間の初ス-コン~
もうね、


記憶が怪しいんだけど~(やばいぞ私の記憶力)。


きっと細かな内容なんて皆様よ~くご存知だとオモウノデ、


私の席から見た感想を書かせていただきますね。




まず座席ですが、


舞台正面と逆の袖の右横でした。


舞台が高くてビックリしました(笑)。



今日は初日。身体に負担はカケラレナイワ。



ちょっと見えにくくても座らなければ・・・自分に言い聞かせました。



でもね、


大きなバル-ンから、


大~きな孝天が出てきた瞬間から、


無重力状態(爆)。



なんて神席!!!



自分が地面に足が着いてた感覚ありませんでした。


そこからはノンストップ。


次々に耳なじみの曲をギクシャクしながら歌う4人を


と~っても不思議に眺めながらも(顔笑ってないし・爆)


一緒に大きな声で歌いました~。



・・・・・い、いかん、座らなければ首がやられる。



MV集みたいのが四面スクリ-ンに映し出され、


やっと着席。


映像を観ながら「若いな~。」なんてのんびりしてたのに、


いきなり孝天ソロからスタ-ト~


「ぎぃよぁ~~!!!」


座ってなんて、


いられるか~~~!!!


またまた無重力。


タンバリンフリフリは序の口!


目の前で、


ああ私の目の前で袖をまくったぞ~!


拝めるモンなら幾ら出すか以前チャットで大盛り上がりした、


タットゥ~ が両肩から~


ああ、命獲られる。


今夜はとうとうコイツに命獲られる~。


色んな意味で「ぜえはあ。」しながら『LaLaLa』で縦のり~。


首がもげるぞ、自分!


そう思っても身体が勝手に動いておりました(涙)。


頭が真っ白になりかけた時、


あっさり二曲で引き揚げていきやがった孝天さん。



でも、「へ?」



って、思う間もなく仔仔の『モザイク』~キャバレ-ショ-~


あの青頭の仔仔が、もったいぶりながら歩いてきます!


なんだ、この濃いい演出はっ!


私の中のカワイイ仔仔のイメ-ジが、ガタガタガタ~。


でもスッゴク似合ってる!


仔仔の色気に感じてしまいました~


そのゴ-ジャスさとはうってかわっての『Missing You』もステキだった。


ひょえ~(仔仔から男の哀愁まで感じさせられるなんて~)。


油断がならない演出に座る事なんてこれっぽっちも考えられなくなってました。


そして私の骨盤を歪めた張本人、ヴァネさんの登場です!


もう、のっけからノリノリ!


やっぱりヴァネさんだわ~、好きだわ~、かっこいいわ~!!!


ちょ~っと、大画面に映るアップの顔が、


プリンスっぽかったので驚きましたが(爆)、


それでもきっちり会場を煽り、盛り上げてくれました!!!


・・・だからでしょうか、


兄さんのジェリ-ランドで、温まった身体のやり場に困りました(笑)。


「旭は座ってっても、寝ててもいいの。」


かつてフォ-ラムの旭イベで旭迷様方が仰っていた言葉が浮かびました。


だって、


本当に座ってるんだもん、宙を見ながら。


それでも、横浜アリ-ナは兄さんのオ-バ-オ-ル姿に揺れておりました~(万歳)。


その後も怒涛のごとくステ-ジは進み、


孝天のタップにヒヤヒヤ


ヴァネさんのアカペラにウットリ


仔仔の機長にちょっと驚き


兄さんの日本語曲に「加油~!」と力が入りました


進むにつれて、


なんでこの四人が一緒にコンサ-ト出来るんだろう・・・。


という異色過ぎるユニットへの疑問も薄れ(麻痺?)、


思う壺(爆)。


仔仔が白衣で出てきた時は、


腰が砕けていく快感に身体を任せておりました

 



~10/22以下追記~



ス-先生のコスプレは、今回のス-コンの大目玉だった事でしょう!


でも、仔仔のエロドクタ-は本当に天晴れでした!!!


すっごく切なく歌い上げながら、


手の動きが可笑しい。


聴診器ってなんてイヤラシイの~。


これから診察してもらう時に絶対あの動きが頭をかすめる事でしょう!


旭さんの登場は


そりゃそうだろう・・・。


と、解っていながら腹がよじれるほど笑いました。


ああ、ス-先生だ~!


生ス-・イ-ホアだ~!


『ザ・ホスピタル』のお陰で旭迷になられた方々


ものすっごく多いと思います。


だって、


だって、


歓声でパイプ椅子が共鳴してるんだモノ!!!


(私ず~っと笑ってたけど)



この組み合わせでのこの演出!


いや~日本のスタッフ、でかしたよ~。




なんで、


この日は仔仔と旭さんの印象がとっても強かったです。


(全部持ってかれたかも)





初日だから仕方ないけど、


特に四人で居る時、


孝天の緊張がビリビリ伝わってきて、


見てて切なかったのもあったからかも・・・。





帰りの電車の中、


「私はソロコンの孝天の方が好きだな~。」


迷朋に申し訳ない一言をポロッと溢してしまった。




ま、


そんな感想ですら、


この後続く『四人の怒涛の相乗効果』@武道館への


プロロ-グに過ぎなかったんだけどね~。





ってことで、次はある意味『本丸』な七日武道館の感想になります!



・・・・・・・また長いかも。



宜しかったらお付き合いくださいね。


読んでくれて謝謝~。
[2008/10/21 22:00 ] | 未分類 | コメント(2)
一体、何から書いたらいいのか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


言葉が、出てきません。





このス-コンの全てを


ひっくり返しても一滴も漏れず、


常温でも腐らず、


眺めてても色あせない、


そんな入れ物に密閉して、


いつまでも眺めていたい。




本当に「すっごく楽しいコンサ-トだった。」




『素晴らしいコンサ-ト』って言葉ではなんかしっくり来ない。


やっぱり


「すっごく楽しいコンサ-トだった。」


これが私の感想です。


それは、


あのステ-ジに四人が立っていた時間だけじゃないから。


コンサ-ト前、


コンサ-ト後の皆様と共有した時間。


これもめちゃくちゃ大きいから。


3日・7日・19日。


私がコンサ-トに行けたのは


それまで私をフォロ-してくださった


方々が居てくれたお陰なのです。


実は初日の3日。


本当に行けるか直前まで解りませんでした。


7日。


もし4日に倒れたら辞めますと伝えてありました。



そして19日。


娘の踊りの舞台の準備と送り出し、


自分の試験、


その足での大阪フライト。


多分、これが自分以外の人だったら、


「辞めた方がいいんじゃない?」って言ってたと思う。


ってことは、


周りの家族・迷朋は、


そう思ってたかも知れないよね~(思ってたよね)。


楽しいス-コンに、余計な不安材料を増やしてしまって


本当にごめんなさい。


皆さんだって、きっと、


ご自身の事だけだって大変な思いをされながらいらしてただろうに。


私の身勝手に振り回された方々、


本当にごめんなさい。


でも、


やっぱり行けて良かった。


皆様のお陰で、


こんなにも楽しいコンサ-トを味わう事が出来ました。




真的

真的 


謝謝。




またいつか、


一緒にああいう時間を共有できたら嬉しいです。
[2008/10/21 17:50 ] | 未分類 | コメント(0)
言葉にすると

言葉にすると、

あの時間が

過去になってしまいそうでちょっと怖いです。

あと一日、

余韻を楽しませてください。

EN05_002.jpg




・・・・・・・って書くと、スッゴイ期待させちゃうかもしれませんが、


『超』主観的なレポになると思うので、

宜しければ明日覗いて見てくださ~い。



折角来てくださったのに、

肩透かしでドプチ



読んでくれて謝謝~。
[2008/10/20 21:32 ] | 未分類 | コメント(4)
『小休止』とサプライズ企画ご連絡

あっという間の4回。

参加された皆様は、

ステキな時間をお過ごしだったと思います。



あとは大阪の三日間。

再度参加される方と、ス-達には『小休止』。

そして、

大阪が初参加の方々には、

待ちに待った時間が近づいているのですね~(笑)。

きっと鼻息荒くなってる事でしょう。

おめでとうございます



さて、

迷朋からこんなサプライズ企画が周ってきました。

19日のオ-ラスコンサのアンコ-ル曲『流星雨』を歌う際、

ペンライトを『青』に統一し、

今回とても頑張ってくれたス-達に

思い出を作ろうというものです。

ド-ムが青い光で包まれたら、宇宙にいるみたいで感動でしょうね~



詳細は変更があるかもしれませんので、

申し訳ありませんが確認が取れ次第こちらも書き換えます。

他にもいろんなアイデアで会場を盛り上げようと企画が立ち上がっているらしいです。

皆様がご賛同しやすい形で、ス-コンを楽しんでください。

参加した方が気持ちも一つになってるって感じで盛り上がると思います。



それでは次回は大阪ファイナルで!

読んでくれて謝謝~
[2008/10/09 10:36 ] | 未分類 | コメント(4)
まだまだ続く幸せ
始まっちまいましたね~、


ス-コン@JAPAN!!!



私は三日横浜アリ-ナに行ってまいりました。


直ぐに記事を書かなかったのは、おさぼりした訳でなく(笑)、


皆様に直に見て、感じて欲しかったからです。


私が書く文章が、皆様のファ-ストインプレッションを邪魔する事が


あるかもしれないでしょ~(え・そこまで期待してないって?)。



でも、


初日の印象を簡単に書けば、


あっという間に終わっちまったよ~



・・・・・です(笑)。




私はジャニコンにもス-コンにも行った事が無いので、


こんなに進行が早いコンサ-トは初体験。


始まる前に「オ-ルシッティングで参加するから~。」と


迷朋達に話していたのに、結局ほとんど立ちっ放し(爆)。


翌日接骨院で「オカシイな、なんで骨盤が曲がってるんだろう。」と言われ、


冷や汗かきました・・・。




それでも、


こんなにドキドキして、興奮して、笑って、時には身の置き場に困って(爆)、


忙しく、慌しいと思いながらも色んなス-を見ることが出来て大満足!!!





孝天に至っては、ス-としての彼の精一杯を見せてもらいました。


そこには、


含みのある笑顔や、フェロモンだだ垂れの孝天は居ませんでした。

(ちょい垂れ位?)


ソロのパ-トでもス-としてのポジションをキ-プし、


四人の時はたびたび人の立ち位置を確認している、


途中「アンタ、スタッフかいっ!」って位なケンチュウさんでした(笑)。



初ス-コンとしては、


「いい男4人の贅沢な品評会、個性強すぎて甲乙つかず~(爆)。」です。




この後、7日の武道館と、19日の大阪が残ってますが(言っちゃった~)、


それぞれ違った目線で四人を焼き付けて来たいと思います





って事で、次回の更新は全てのコンサを見終わってから感想をあげますね。



読んでくれて謝謝~!



P.S 武道館と城ホ-ルにて『鮨花』のフロア-版を出しております。宜しかったら
    
     「チェックしてね。」

[2008/10/06 09:26 ] | 未分類 | コメント(5)
| ホーム |