FC2ブログ
ス-コン@武道館(七日):10/24訂正
4日も横浜に参加した迷朋より、


「緊張がほぐれて昨日よりとても良かったよ~。」と連絡があったので、


「じゃあ、武道館は期待できるね~。」なんて甘い事を言っておりました。


何、余裕ぶっこいてたんでしょうか、我(爆)。






7日の席は南西(?)アリ-ナ。


やっぱり舞台が高くて、そびえ立つ壁にビビりました。


すり鉢状の客席には、零れ落ちるほどの観客!


正に爆満!!!


ホンハム未体験な私ですが、


「きっとこんな感じだったんだろうな~。」と


ウキウキ気分。


色とりどりのペンライトの美しい事ったら!






二回目だったので、


ちょっとギリまで座っていましたが、


目の前で大きな風船が膨らみ始めるとやっぱり立っちゃった(苦笑)。


弾けた風船からは・・・誰が出てきたんだっけ?


多分、仔仔だったと思います(←訂正:旭さんorヴァネさんでした。ご指摘謝謝。)


至近距離で見た仔仔は、横浜よりも更にほっそりしてて、


表情に気迫が感じられました!


足でリズムをとりながら、


すっごい近い客席に指差しとうなずきで応えます。


そんな客席でひと際目を引いたのが、


コンサグッズの仔うちわをバタバタ振ってる


チョイメタボなお父さん!(爆)


上半身を限界まで乗り出して落っこちちゃうんじゃ無いかと


思う位、仔仔に声援を送ります!


この日は、仔仔が袖に来た時は、


半分はこのお父さんに持ってかれました(笑)。



センタ-に四人が揃うと、


本当に割れんばかりの歓声が!


あれ、薄いガラスだったら共鳴して本当に割れるね(笑)。


私の席は「SJ枠?」って思う位、旭迷様がどっさり!


負けじと一人で「孝~天~」って叫びましたよ~。



その内なにやら四人とも足元を見ながらギクシャクギクシャク動き出しました。


私の席からは、それがラインダンスだとは確認できず、


ただ大きな男どもが『ギクシャクギクシャク』。


・・・あれは誰の演出だったんでしょうか?(末っ子に100万仔仔)




孝天のソロになり、


またまたふっとい二の腕をまくりながら英語で話し始めました。


「いつも安全第一って皆に言ってるのに、恥ずかしいな~。」


ってめくるものだから、彫り物をした事が『若気の至り』って言いたいのかと


思ってました。


翌日メ-ルで「孝天、怪我してたそうです。」って教えてもらい、


やっと、「ああ~、そういうことか。」と理解しました。


私の聞き取りなんてそんな程度です~(←超私信)。


だから、タンバリンが無かったのも、兄さんのピアノが無くなったのと


同じ理由だと思ってました(毒)。




この日は、仔仔の『キャバレ-ショ-』の機材トラブルもありましたね。


仔仔は動揺することなくきっちり踊ってましたが、


暗転した瞬間、早足で階段から姿を消したので、


「???演出変わったんだ~。」って位でした。


放送が流れるまで、


故障だったなんて全く気付きませんでしたが、


二回目の仔仔もリッパでしたね~。


高く指を上げ、「はっ!」と気合を入れて声量も踊りの勢いも


全く落とさず、むしろ気迫は増して歌い上げました!


あの大きな歓声は、頑張った仔仔への賞賛ですね。


チョイメタ父さんも、うっとり見入っておりましたよ~(チェックせずにはいられない・爆)。





ヴァネさんも弾けまくっておりました!


袖の端っこまで全力疾走されるから、客席に飛んでっちゃうんじゃないかと思う位(爆)!


横浜よりもアイラインが薄くなってお顔すっきり。


髭が生えてるのに美しさは隠せませんね~


あの「かっこい!かっこい!」って腰を振る所好きです。


声もまたまたパワ-アップしてました!!!


あんだけ動いてあの声量。


去年のフォ-ラムからの成長がビシビシ感じられました。




さて、


流石に二回目ともなると申し訳なかったけど座りました・・・『JERRYLAND』。


天下の武道館でも、兄さんの「おはよ~!」は健在でした(泣)。


四日もトラさんが被害を被ってたらしいですが、


7日も更に『攻撃』仕掛けてました!


あのトラの中身は誰なんでしょうか?


兄さんああ見えても180cmあります。


そんなのに執拗にタックルされても大丈夫なお方って・・・誰?




中盤、


再び四人が花道を通って観客席に近づき、リフトが上がりましたっけ?


この時だったかな~、間違ってたらごめんなさい。


兄さんが私達の花道だったんですが、


私、初めて体験したんです。


『JERRY教』の信者様たちの情熱を!


ガタガタと、二階スタンド席まで上がるリフトに兄さんが乗るもんだから、


二階スタンドが床が抜けそうな位揺れて、


本当に、


本当に零れ落ちちゃうんじゃないかって位、沢山の人達が


身体を乗り出して応援してるんです!


あれ、


めっちゃくちゃ危ないです(爆)。




リフトが降りて兄さんの顔に安堵の笑顔が戻ってきたら、


今度は一階スタンド席が揺れました!


右見て「ギャ~!」


左見て「ギョウァ~~!!」


上見て「グゥワ~~~!!!」


・・・スゲ。


そんな状態を、教祖様はとっても嬉しそうに見てるのです。


そして立ち去った跡の静かな事(爆)。


旭迷様方、お疲れ様でした~。



さて、


またまた長くなっちゃった。


続きは明日!


読んでくれて謝謝~、晩安!

スポンサーサイト



[2008/10/23 18:29 ] | 未分類 | コメント(4)
| ホーム |