FC2ブログ
二時間の出来事。
20061127081603
何から書きましょう。

凄く充実した時間でした。

とにかく見逃さないよう、聞き逃さないよう必至でした。




自分の事として覚えてるのは、会場入りの為整列している際、

勝手に身体が震えだして、手がしびれた事。

そして迷友の皆さんが声を掛けてくれてた(様な気が・・・)事。

着席してもその位置が信じられなくて、実は夢なんじゃないのかと

実感が沸かなかった事。




でも、夢じゃなかった。



本当におかしかった(らしい)ので、順番があってるかどうか

自信がありませんが、座席が後ろでよく見れなかった迷友の為に

書こうと思います。



まず、驚いたのは孝天が花道から登場した事です。

中央の通路にロ-プが張られ、「まさか。」と思っていましたが、

「登場です!」(←合ってる?)司会者の声と同時に起きた


「ぎゅういや~!!!」


の歓声(↑私にはこう聞こえた)。


巨大モニタ-ですかさずチェックすると、

前々日の空港とも、前日のニュ-スとも違った男が、

手を振りながらすっごく、すっごく、


す~っごくスマ-トに歩いてきやがりました!


道中、興奮した迷'Sの皆さまが、

山になって中央に押しかけておりましたが

「ざま~みろ!少しはあせってみろ!」と思うほど、

仕事モ-ド全開!

私はこの時点で全壊してました。


高そうなアルマ-ニ風のスリムなス-ツを着こなし白ワイシャツに

ノ-ネクタイ。胸元は第一ボタンを外して少し・・・胸が見えてました。




ああ、今思い出すだけでも「ぶふぁっ!」

(一度目の血液沸点タイム)


あ~っと、

舞台に上がってからは、日本版の『ケンチュウの美味しい関係』の

プレス用記者会見が始まりました。

わらわらと袖から後ろから出てくるカメラマンと記者の皆さま。

そこを縫ってビデオを回すヴァネマネさんと

孝天専属(?)女性カメラマン

(↑ジ-ンズがロ-ライズで腹が見えてました)。

会場のファン達と一緒に撮影と、後頭部が見えた瞬間、

二度目の血液沸点タイム!

どうしてあんなにダンディ-に見えたのか!

それは、

す~っごく綺麗に髪をセットしてもらっってたから!

後頭部、正に芸術。

むっさい@空港の髪を、

よくぞここまで仕上げてくださいましたって程、

なでられて固められてました!

髭も少し整えられていて、『東京審判』の最初の報告会(ス-ツのやつ)

の薄い版。


言い換えれば、ちょっとやさぐれちゃったけど、


育ちのいい二代目若社長

(↑でよかったっけ?名付け親様)って感じかな。

笑顔とお手振りで、余裕な表情さえ見せてました。


記者からの質問は三問でした。

内容は・・・覚えてません(ドプチ)。

でも、とても明快な回答をしていました。


それが終わると一旦着替えに入り、10分の休憩。


が!


しか~し!


私と渡り鳥様(エチケット係様)は、休んでられるはずもなし!!!


だって、


だって、

緞帳の隙間から、バックステ-ジのテント控え室が丸見え!


しかもテントが


少し開いてたの~!


着替えの全ては見れなかったさ~。


でも、そこでワイシャツを羽織ったり、髪の毛を整えて貰ってる

姿は、バッチリだったさ~!!!


思わず見ず知らずの隣の席の方を自分の位置に引き寄せて

「ほれ、見ろ!」と言ってしまった・・・(ゴメンね)。




やっと着替えが終わり出てきた姿には、


思わず「えっ。」


だって、ジ-ンズに青ストライプワイシャツ風を

ベルトの中に入れてたんだもの。しかも必須の黒デッキシュ-ズ・・・。

「若社長、カムバ~っク!」と叫びたくなったけど、

これから料理をしてくれるって司会者が言ったところで、


三回目の血液沸点タ~イム!


しかも迷を指導するとか言ってるし!


「見せたろうじゃないか!包丁捌きを!」


と思う間もなく選ばれておらず。


でも、孝天がエプロンをし、レンコンの切り方を

自ら猫手をしながら教えてる姿や、

迷にレンコンを食べさせている姿や、

油が多くて湯気が出てるのを見て、「えええい!」と

少しあせってる姿や、

卵を上手にかき回すには、ボウルをこういう風に傾けるんだよと

教える姿や、

フライパンを綺麗な腕で扱う姿や、

出来上がった料理を味見する姿や(迷には食べさせず・・・)、

「塩を入れ忘れました。」と、口をもぐもぐさせながらしゃべる姿は、


「ここで萌えなきゃ何所で萌えるんじゃ~!」

って位、お宝な時間でした。


また休憩を挟んで、今度は孝天が『楚留香』の撮影時に

自分で撮った写真の鑑賞会。

自分の名前に『天』って字が入っているので、良く空を撮るそうです。

人物はあまり撮らないとか。

砂漠では、天の川も初めて見たそうです。


孝天は、話す時人の目を見ます。

これは、相手が司会者だろうが、通訳だろうが同じです。

スクリ-ンに映し出される写真を見るために、

舞台左に依った孝天と通訳の女性。

お陰さまで、孝天が通訳さんを見る度に、

目線が私の方に向かれるのです!(←決して私を見ているのではない)

その目がと~っても

きらっきら、キラッキラ

ああ、あの時間があと30分あったら、

間違いなく天国に行けたと思う。


それぞれの写真への熱い思いを、時間を掛けて語ってました。

詳しい事は、料理本の日本語版末尾に載っているので

是非確かめて下さい。



それから、ファンミ恒例のプレゼント会(本とポスタ-サイン付き)。

個人的には、ポスタ-を当てたNっちが舞台から降りて

、声掛けた私の方に歩いてくる際、膝にきてたのが壷でした

(オメデト~)。

そして、最も驚いたのは、航空チケ当てたAさんが、

ファンミに来る前日に交通事故に合っていた事(マジで驚いたさ~)!

それでもなんとか来れて良かったです!

ハグの際、「行け~!」と大きな声を出してしまいました。

本当におめでとうございました!



実は横浜に行く前、夕飯の材料を買いにヨ-○ドーにてBSファンを

購入。そこにはファンミの内容としてライブコ-ナ-があるように

書かれていたので、ペプシ@北京を逃した私は天にも昇る

気持ちでした。だから、絶対あると思った『生歌』。

結果は、迷が孝天に歌のプレゼントとして『流星雨』を歌うという

企画になってましたが、自分のパ-トで歌い出す孝天の歌唱力に、

思わず口ずさむのを止めて、目を瞑って聞き入りました。



なんて高音・なんて低音なんでしょう。


私のずっと欲しかった時間。


体中の血液が静かに脈うってるのが不思議でしたが、

懐かしい声を聴いた様な感覚でした。



孝天の声に包まれました。







そして奇跡が再び!






ファンミの本編が終わり、孝天が袖にひきあげてから

暫くは、拍手とアンコ-ルの声が響いていましたが、

一瞬の静かな間が会場に起こり、


『浜辺の歌』大合唱が始まりました。


後方から、

まるで浜辺に漣が寄せるように、

そして会場が一つになりました。

大成功オメデトウAさん!

アンコ-ルに答えて再び登場した孝天も会場と共に歌い、

目には涙が浮かんでたようでした。


孝天の日本語はとても綺麗で、澄んでいました。



これはお互いに最高のプレゼントだったよね!


孝天、忘れないでね。

皆、貴方の活躍を応援しているんだからね。

忘れないでね。


アンコ-ルは孝天が購入してきたブレスレットとリングのプレゼント。

孝天と同じ歳とか、当日が誕生日の人とかのセレクトで決まりました。

リングを当てたのが双子さんだったので、急遽もう一つ用意され、

孝天にはめて貰い。ハグされてました!

「お誕生日おめでと~!」最高のプレゼントでしたね


そして本当に最後の時。

会場に集まった迷全員へのお礼と共に

「帰り道はくれぐれも安全第一で!」

と言ってました(当然、笑いが起こりました~)。


「謝謝~!」と大きく手を振った孝天は、とっても満足そうな

大きな大きな笑顔と共に舞台を降りました。





おしまい。







~後記~

当日、沢山の迷友さん達に会えました。

会場に残って涙してた孝天迷の皆さまも、

めっちゃくちゃ乙女でかわいかったよ~!





会場入り前にお茶もして、

入る前や、出た所でもご挨拶できて良かったです。

終わってからも飲み会に参加させていただきました。

本当に楽しい一日でした。


孝天を感じられた二時間と共に、

皆さんと過ごせた時間も私の宝物です。



そして、ワカランチンになってしまった私を

ずっとサポ-トしてくださったエチケット袋係こと渡り鳥様、

ありがとうございました。

どうぞ、これに懲りずにまた宜しくお願いいたします。





すっごく長いレポでごめんね。

でも、未だ書ききれてない部分があると思うの。

思い出したらまた書くからね。

もし質問があったらコメしてね。

覚えている範囲でお答えいたします。




ってことで、ここまで読んでくれる方、いらっしゃるかしら・・・。

(途中で読むの止めた方、結構いるとみた!)


駄文でごめんね~。

読んでくれて謝謝~!
スポンサーサイト



[2006/11/26 23:35 ] | 未分類 | コメント(10)
<<天ボード | ホーム | ファンミ>>
コメント
えっ~最後までしっかし読んだぜ!!
で、読み終えて、すっごくシヤワセな気分になったぞー!!
歌ってないと聞いてたが、歌声はちょっと聴けたのね~!!
オメデトウ!亜季ちゃん!
そう。。そして、友達ってありがたいね♪
[2006/11/27 11:20]| URL | rerepo #- [ 編集 ]
最後まで読んでしまいました(笑)
そんなに前に座れたなんてー。しかも着替えつき。うらやまし過ぎます!
やっぱり話し方すてきでした。残念ながら私の席からは表情までは見えず(完璧な後頭部見たかった…)レポ有難うございましたm(u_u)m
浜辺の唄は感動の一言でした。日本人の迷達が「東京裁判」を観ていてしかも自分が歌った唄を合唱なんて、きっと感じるとこあっただろうなぁって。もう会場一つになって歌ってる時点でもう出てきてくれなくても、これだけで来てよかったって泣きそうでした。なので歌いながら出てきてくれた時はもう…。感無量で。それと俳優孝天ももちろん大好きなのですが歌手孝天が一番好きなんだなぁ、自分。と改めて気づかせてもらえました。私は廃人になってますが亜希さん大丈夫ですか(笑)?
次回はぜひもっと歌ってもらえたらー。それを励みに頑張りましょうね。
お疲れのところ長々と失礼しました。。
[2006/11/27 18:41]| URL | 華 #- [ 編集 ]
F!はそうであるべきをまざまざ見せ付けてもらいました。謝謝♪
貴女の情熱は凄いわ~!
[2006/11/27 18:43]| URL | ニシコ #- [ 編集 ]
ツボははずさずにINPUTされてたのね~

でもあの、生着替えには驚いたね~まさか、
あんな所から、見えると思ってなかったし~

あ~あ、ヴァネで見たかったよ~~

あなたの魂は今、どこの天をさまよっているの?
[2006/11/27 23:12]| URL | 渡り鳥 #- [ 編集 ]
>rerepoチャマ
読んでくれてありがとう。
なんかもっといろいろあったのに、
やっぱ冷静に覚えていられなかったみたい。
ただ、幸せな時間でした。

>華様
読んでくれて謝謝~!
浜辺の歌は、感動しましたよね。
あれは発案者もがんばり、
サポ-トした方々もがんばった
賜物らしいです。
迷と孝天が一つになった瞬間でしたね。


>ニシコ様
お恥かしい姿をお見せいたしました。
あれでもがんばってました。
だって、孝天が目の前でしたから(爆)。


>渡り鳥様
今日、やっと少しh地に足が付きかけてきました。幸せな時間を一緒に過ごしていただいて
(子守していただいて)ありがとうございました!
一生懸命覚えてようとしたけど、やっぱ難しいね。ずっと顔だけみてたからな~(爆)。
[2006/11/27 23:32]| URL | 亜季よりお返事~! #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2006/11/27 23:38]| | # [ 編集 ]
体調回復せず、この祭りの中、せめて、せめてコメントだけででも、携帯だけででも仲間入りしたかったのにぃぃぃぃ・・・

歳には勝てない。
年々衰える、体力に気管支。

とにかく!!
本当に本当に本当に本当に!!
おめでとう、よかった。それだけよ。
自分の大好きな人を、マジマジと見ていられる時間って本当に幸福だよね。
私もホンハムのとき、このまま地震で埋まってしまいたいって思った。

次に幸せな時間を味わえるのはいつのことなんだろうね。はぁ・・・
[2006/11/29 00:24]| URL | 団子 #- [ 編集 ]
☆M様
ご希望があったので消しましたが、温かなコメしっかり読ませて戴きました。またくださいね~。

☆団子様
体調悪かったのね!いつも半端な電話してごめんね~。ホンハムより三割増しだったけど、その分骨太なフェロモン出してました。大丈夫!今度イャって程話聞かせるから~!体調整えといて!
[2006/11/29 07:16]| URL | 亜季よりお返事~! #- [ 編集 ]
最後まで読んだもん。
放心状態だったのに、ちゃんと覚えてるじゃん!
北京行けなくなった分は、たくさんかえってきたじゃないか~!!
もちろん、ケンちゃんのキラキラお目々?に、
白目で答えたんでしょ?
[2006/12/04 09:18]| URL | ひかる #- [ 編集 ]
ゴメンネ!レス遅れました!!!
勿論白目にカチュ-シャで答えましたっ!
って、どんなキャラなんじゃ。
北京は遠い昔のことみたいだね。
一曲聴くために、あんなにじたばたしてた
自分が愛おしいです(あくまでも自分好き)。
[2006/12/10 00:18]| URL | ひかる嬢へお返事~! #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |