FC2ブログ
ス-コン@大阪城ホ-ルファイナル⑥
ああ、一ヶ月経っちゃうよ~



早速『ハッジメッるよ~。』(笑)!




もう、すっかり板についた

仔仔エロドクタ-(爆)。

兄ちゃんが出てくるちょっと前にそちらの袖に向きながら、

「ほ-ふぇ・-だ・ゆ・でぃ~」って

お尻をフリフリ顔は笑っちゃって、

いざ登場の後は、

しっかり膝を折って『落ち込むふり』しながら

自爆してる仔仔が可笑しかった~

兄ちゃんも、もうあまり焦らさずにさっさと仔仔に向かって歩いてましたね。

この時は、仔仔が孝天に聴診器当ててました?

歌ってても噴出しちゃったり、

「何やってるの?」って互いに覗き込んでるから、

肝心なおまいらの顔が
見えないんだよ~



ひゃっひゃっひゃ(やっぱり笑うしかない)。


だめだね、

四人寄ると

お互いが気になっちゃって(それが正解?笑)。




さて、

白衣を脱いだら『ショミヨラ~』な

四人のボ-ル投げタイム(←私信:確認謝謝)!


二組に分かれて仔仔とヴァネさんは始終楽しそう。

兄ちゃんと孝天はラストやっと孝天の方から兄ちゃんのお尻をタッチしてましたね!

孝天も「ヨシッ!」ってガッツポ-ズしてたし、兄ちゃんも笑顔で振り向いてました


その後兄ちゃんが後ろでボ-ルの籠を持ってたオネエチャンから籠を貰って、

孝天の肩を叩いてそれを渡したんだよね。

そして兄ちゃんは笑顔で先に歩いてって(笑)。


その時孝天ったらリアクションできなくて

一瞬「何?」って動きが止まったの。

オネエチャンが孝天に頭をさげて籠を受け取ってたけど、

「他の人を困らせるんじゃありません!(笑)」



とっぴな兄ちゃんと、融通が利かない三男(爆)。

この組み合わせ、

私には兄ちゃんの方が上手に見えましたが皆さんは如何でした?

このぎこちない二人の絡みが、

私はダイスキです

今は。


あの時は『違和感』だけしか感じなかったけど、

後から先輩天迷様に

「香港でも、その前から二人はいつもああなのよ。」って教えていただき、

造り笑顔で仲良しごっこする必要なんてない

飾らない、嘘が無い『二人の自然な姿』なんだなって思えました。








そして・そして・そして!!!


大・大・ダイッスキな


太鼓の達人タイ~ムっ


このときの

『生TETU!』最強(万歳)



当然、

四面スクリ-ンに映るTETU先生のコミカルな動きも最高でした。

胸「バンバン」必要以上に張ってスティックを振ったり、

ニワトリみたいに大きな頭をクイックイッって前に突き出して

歩く姿とか(笑)。

途中、大きなズラが少しずれててもそのまま踊り続けるTETU先生!

あの振り付けがヴァネさんのオリジナルだったら、

私ヴァネさんに全部持ってかれますわ~(完敗)!!!


それを本当にやってくれるなんて!

しかも何時着替えたのか解らない位の早業で登場したもんだから、

会場1万人以上釘付け!

生ズラの大きさをものともせず(やっぱりずれながら)、

頭をブンブン振って踊るTETU先生。

そちらの袖の観客も、

も~うノリノリで身体を乗り出し大暴れ!!!(そりゃ楽しいよね~・笑)

途中、孝天がその姿に目を奪われて、スティックがおろそかになってる姿も

笑えた


最後に

ズラもオレンジの衣装も宙に飛ばして

気持ちよくネタばらし。

あの瞬間も最高に大盛り上がりでしたね


私も青いスティックを両手に持ち踊り狂い、

ゲ-ムを楽しみながらも大笑いさせていただきました~。

すっごい、すっごい

楽しすぎでした~(ヴァネさん最高)


盛り上がりすぎた後の『第一時間』。

四人も笑顔で互いに顔を見合わせてましたね。



終わりに近づくこの瞬間を惜しみながら、

『Fire Work』の大合唱。

「私、泣くかも。」って思いながら、「まだまだだ~!」と、

一緒に歌いました。

迷達も、自分のF1に声をかけ、ライトを振ってました。



四人がそれぞれの言葉で会場に挨拶をして、

ヴァネさんが「F4 FOEVER!」って言ってくれた時、

兄ちゃんがF3「謝謝」って言ってくれた時、

私も

「謝謝~!」って叫びました。



『GOOD BYE』は別れの歌ではありませんよね。

再会を約束する歌だと思います。

兄ちゃんに合わせて声を寄せてくヴァネさんの声の温かさ。

歌い終わって「ヨシッ!」ってガッツポ-ズする所。

何度見ても、「じわ~」って胸があったまるんです(上手く言えてるかしら?)。




さて、

さて、

次回こそ惜しみながらの感想ラストです(と、思います)。



読んでくれて謝謝~!



スポンサーサイト



[2008/11/14 15:22 ] | 未分類
| ホーム |