FC2ブログ
やっぱり『台湾版』

『ハチクロ』台湾版に、作者が感動されたそうです。

自身のブログにて、以下の様に語っている事を、アメブロの記事が紹介しています。


*****以下抜粋*****

「今日は熱くて長いです」と題し、

2回にわたって台湾版「ハチクロ」の感想を書いている。そこには、「連載も終わって 

アニメも 映画も ドラマも終わってしまって パレードみたいに通り過ぎて行ってしまった 

私の大事なあの子たちが また、テレビの中で笑って 元気に暮らしていて もう 目から、

何かがぼたぼた出て来て 困りました」と綴られている。


日本で映画、ドラマ、アニメと3つの分野で映像化されてきた人気コミック

『ハチミツとクローバー』が、台湾でもドラマ化されたことは、既報の通りだが、

その台湾版が完成し、2月からフジテレビ721/フジテレビCSHDで放送されているほか、

DVD-BOXも3月に発売されることが決定した。

 日本版の映画やドラマは、原作ファンからの評価は必ずしも芳しくなく、

台湾版に期待がかかっていた。

だが、ここへきて原作者の羽海野チカの公式ブログ「海の近くの遊園地」での

コメントに注目が集まっている。

 原作者をここまで感動させた理由というのはどこにあるのか。

台湾ドラマファンの女性は語る。「台湾ドラマは、ちょっと緩いというか、

バカバカしいギャグをはさみこむシーンも多く、そんなところが

支持されているのですが、このドラマの監督は映画も撮っている女性で、

繊細でおとぎ話のような映像にも定評があるんです。

それに、台湾ドラマはもともと原作に忠実なので、『緩さ』と『繊細さ』そして、

『原作の世界への忠実さ』がうまく融合して、『ハチクロ』の甘酸っぱい世界が

再現されたのではないでしょうか」

**************************************************************************


0214hatikuro.jpg


『流星花園』のヒットの裏には、

ス-達のきらめきと共に、原作に忠実だった事での完成度ってのもあったと思います。

着地点(最終回)も良かったしね♪

原作者にしてみたら、子供と同じ位大切な作品達。

短いク-ルでドラマを作らなきゃいけない日本や、二番煎じは出来まい韓国、

倫理面で制約がある中国と、『仕方がないんだよ』って面は多々あるとは思いますが、

原点に帰って、作品の持つ雰囲気を大切にしてくれるものを見たければ、

やっぱり『台湾版』が一番なのかな~(こじつけじゃないやい)。


春が来たら、『ハチクロDVD』鑑賞もしたいとおもいます♪


読んでくれて謝謝~!


スポンサーサイト



[2009/02/16 09:53 ] | 未分類 | コメント(0)
<<『年3回』と『その他』の顔 | ホーム | 絵の様>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |